べんがらちゃんの目

日本の美をつたえたい―鎌倉設計工房の仕事 105

「成田の濃紫べんがら」

 

前回と同じ写真だが

少しコメントを加えておきたい。

 

まず、べんがら塗装は建て主が行っていることだ。

私やスタッフも時折参加する。

塗り始めると、次第に

白木の部分はすべて塗り尽くしたくなる。

 

また塗っているときは無心だが、無意識のうちに

魂を込めてしまっている!

すると写真のようにオーラさえ出てくる。

前回、べんがら塗装が不思議だ,

といったのはこの事なのだ。

加えて、大工、左官などの職人の技術があって

はじめて醸し出す味なのだ。

 

つまりこの空間は創造にかかわった

建て主、職人、設計者、三者のコラボレーションで

成り立つ。

つまり

三者の気持ち、誰かに感動してもらいたい三者の気持ち

ならばこそ、で成り立っている。