べんがらちゃんの目

日本の美をつたえたい―鎌倉設計工房の仕事 110

「成田の濃紫べんがら」

 

玄関の格子戸をあけ、中に入る。

奥の庭まで土間は続く。

 

左側はガレージ、右は居間と茶の間

が広がる。

ガレージと土間とは格子戸でつながる。

他の部屋同様に格子戸をすべて開ければ

家全体が見渡せ、大きなワンルームの広がりを持つ。

 

上部屋根はべんがらで陰影を作り、

はっきりとその存在を見せず奥ゆかしさを出す。

 

床は小粒砂利の洗い出しで

緑がかった沓脱石に色を合わせる。

それにしてもいい石が見つかったなぁ

上は平らで側面は襞のある野面。

以前長野県諏訪の商家の基礎石を沓脱石として

紹介した。

今回はちょうどいい石があると

グリーンクラフトの高橋さんが運んできた。

場所は定かでないが石のルーツは四国だそうだ。