べんがらちゃんの目

日本の美をつたえたい―鎌倉設計工房の仕事 112

「成田の濃紫べんがら」

 

少し角度を振って左手奥のサンルームを眺めている。

サンルームの中を横切り、奥へと回り込むと、

ふたたびガレージに戻る回遊性を持たせている。

 

サンルームの床は縁台のように浮いているが

設計段階では小壁で床下が隠れていた。

縁台の周囲に回されている木は土台で

隅部のおさまりがきれいだったため、見せる事にした。

そのため縁の下ができ、ベンチのような床といった具合だ。

 

もともと当初の設計で、サンルームは閉じていて座敷であった。

客間の想定であったが玄関土間がそのまま奥へと続く

現在のあり方のほうが、豊かな空間となり良かったと思う。

 

床にレールが埋め込まれているのにお気づきだろうか?

客間としても依然使えるよう、玄関ホールとは格子戸で

仕切られる。