べんがらちゃんの目

日本の美をつたえたい―鎌倉設計工房の仕事 120

「成田の濃紫べんがら」

 

玄関ホールの写真に戻ろう。

突き当りが庭への出口

したがい右手が水場になる。

よく見ると柄杓のはいったバケツや

とれたての野菜だろうか、

洗われるのを待っているような、

使い方がこの水場で行われている。

 

正面のツインポリカの建具から

うっすらと

外部の様子が伝わる。

 

隣地には擁壁があるようだ。

また軒は深く庭側に下がり、外に出る際

あたまをチョット気にするくらいの低さ。

人の背丈に合わせている。