べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 125

「成田の濃紫べんがら」

 

前回は西日輝く写真だったが

今回は落ち着いた光の時間に撮っている。

 

中央の箱階段(階段箪笥)は欅(けやき)材。

手すりの取り付けが難しい。今回は

木ではなくスチール製にして固定個所をとばし軽快にみせる。

松岡信夫さんの作品。

スケッチを渡して作ってもらった。

手すりの下部は床に、上端は束柱に固定。

後付けの踊り場部で支柱を建てる。

当初、下の固定は床ではなく

箱階段の1段目側面の予定だった。

しかし、欅材を痛める可能性があったので

床に直接固定している。