べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 131

「成田の濃紫べんがら」

 

前回の写真斜め位置からだったが

今回は正面を見ている。

障子の桟の間隔を垂木に合せ、荒くし

右手の細かい格子と対比させている。

障子は2枚を重ねている為1枚に見え、

障子の白、腰壁の漆喰の白が

全体に広がる濃紫のベンガラと、

これも対比をなし

綺麗な空間を作っている。

 

床の杉板は1枚1枚、赤白の源平模様だが

それが寄せ集まると

カーペットの様な暖かさを感じさせる。