べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 137

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 137

「三浦の濃紫べんがら」

 

4月からは新たに三浦半島の家について話します。

 

今まであった建物に手を加えて

2世帯が住めるようにリフォームしています。

 

春には鶯や不如帰の鳴く小高い山々に囲まれながらも

海に近く、美しい富士山を望みます。

 

この地のリフォームにあたって、

今ある環境を満喫できる住まいとしました。

 

今回の写真はそのアプローチです。

 

べんがらの格子で南庭を隠しトンネル状の路地を

玄関へと向かうのですが、奥に見えているのは

逆の入口部です。

 

このトンネル、既存のバルコニーの下を利用しており

天井はその簀子板、格子の黒い影の部分は

バルコニーを支える柱です。

 

隠れ家的なアプローチですね。