BLOG

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 283

「数寄屋ルネッサンス」

 

場所は東京の代々木。

改修工事ですが、築20年30年後の建物ではなく

新築後まだ、5年しか経っていません。

水屋があり茶道も行える築50年

昭和の日本家屋が新築以前は建っていました。

それを取り壊し、新たに

2所帯の住める総3階建て(1階1所帯、2,3階1所帯)を

新築したのですが、1階部分が手狭であること、

以前の日本家屋の住まいに懐かしさを感じる事、

などからYさんは1階部分の改修を当社に相談されました。

 

木造3階建ての特殊工法を採用した新築建物で、

しかも全体を支える1階を改修するのですから特殊金物による耐力壁

には手を付けずに全体改修が成り立つ方法を考えねばなりません。

しかも現状が手狭であるとすれば何らかの増築が想定され

確認申請も通すとなると幾つものハードルが見えてきます。

 

「数寄屋ルネッサンス」と副題を付けたのはもとの日本家屋を復興させ

あらたな茶道空間のあるすまいをつくる、意味からですが、

それを実現するには

更なるハードルが待ち構えていました。

 

ともあれ今回は玄関から。

新築時の1階玄関はホールも含め1坪でしたが2.5坪に増えています。

前面道路の中心から3メートル以上離れているので準防火地域であっても

木製格子戸がつかえます。

いつもなら建具や天井にはべんがらを塗装しますが、ルネッサンスですので

素木(白木)のままです!