べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 405

「四神相応の地に建てる」

 

前回ブログでは階段の左手部分

を見たが、今回は右手の方向。

赤いべんがらを塗った木部が薪スト―ブの

背面壁になる。

その下の凹みは約50センチの奥行きを取った

薪置き場になっている。

アルミの巾木を従えたストーブステージや

床及び階段蹴込部のモルタルは黒に近い紫の

べんがらを混入している。

混入量によって淡いグレーから紫に近いグレーへと

色の差を出している。

玄関から室内に入りホールの奥に進むと

この景色に出会い山の緑が目に飛び込んでくる。