べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 401

「四神相応の地に建てる」

 

今回はBSでの放送ですが、7月の地上波TV朝日での放映後に

「べんがらで染めた里山の家」、その他の住宅について

価格のお問い合わせがいくつかありました。

 

「渡辺篤史の建もの探訪」HPはすでに工事金額を

公表していますが、いくつか経費が含まれていない数字です。

 

弊社では建築費のほかに消費税、設計監理料を加えた総予算で

「価格」を捉えています。

www.kamakobo.com/price_map/index.html

【鎌倉設計工房 ホームページ「価格と広さ」】

 

これによりますと過去15年の間の新築物件46件のアイコンが表示され

横軸に「価格」縦軸に「延べ床面積」、この座標の縦と横が交差する

アイコンがその建物の「価格と広さ」になります。

(残念ながらアイコンをクリックすると建物の画像が現れません。

いくつかはテレビ放映歴が表の下にあり、その他はHPのギャラリーからご覧ください。)

 

これを見ると同じ45坪の家でも、建築費+消費税+設計監理料で3000万を切る場合から5000万に近い場合もあります。

これは地域差や資材費の高騰、

土地の条件(杭や地盤改良の有無、防火、準防火地域内の場合など)や

建築主の希望要件(二世帯住宅、店舗併用、アパート併用)、

その他のご要望の数、「濃」さによって大分幅があるということを表しています。

 

「べんがらで染めた里山の家」(東京町田S邸)はこの表ですと32.5坪で

3000万から4000万の中間にアイコンがあります。

建築主が壁塗りやべんがら塗装をこなすことでコストダウンが図られています。

 以上ですが

その他、質問等、ぜひお問い合わせいただきたいと思います。