べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 394

「四神相応の地に建てる」

 

S邸敷地への入り口写真です。

右奥からは道路沿いの土手が続き、ここで止まります。

 

まだ家が建つ前、最初に敷地を訪れたときの写真です。

敷地は道路境から始まり

途中の踊り場も含めて、20段ほどの階段を上ります。

道路側の隣地よりも4mほど高く、上の敷地からみて

隣家は低く2階建てでも圧迫感はありません。

 

階段を上っているとき

山を見ながら、

ここは神社が建つような良い場所だな!

と思い、

事務所に帰って調べてみたら

「四神相応の地」であることがわかりました。