べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 340

「鎌倉 天空の館」

 

前回と同じ画像ですが

もう一言。

 

木部にはべんがらを塗っています。

べんがらは陰影を強調できる塗料です。

写真の

壁や窓の部分と天井との境が

陰影によって

はっきり見えなかったり

天井全体のトーンも

画面の右側は陰影に包まれて暗く

左手は極端に明るく、杢目さえ浮き上がっている、

左右の落差が激しく、天井に連続感や一体感がない。

けれど、それが気に障る、でもなく

包み込まれた、落ち着きがある。

べんがらによる色付けは陰影を強調し、

陰影は日本建築の落ち着き、和らぎをもたらしています。

 

と、感覚的なことを

言葉で言い表すのは

簡単ではありません。