BLOG

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 307

「数寄屋ルネサンス」

前回と同じ位置で撮影しています。

襖を占めると

だいぶ落ち着いた和室に

なります。

よく見ると柱は部屋の中央に位置していません。

柱から右の壁までは1820ですが

左は1517です。

隣地の樹木が障子に映るように

境界までゆとりがなく、内外の要求の

せめぎあいの結果の寸法です。

さらによく見ると、柱から左より

右の壁面のほうが手前に出ています。

この和室は増築なので

既存部分には力がかからぬよう

独立した壁を設けており

壁厚分、手前に柱を立てています。

光の当たり方で壁のずれが

よくわかりますね。

 今回のような改修工事では既存部分との関連を

どこまで表すか迷うところですが

すべて隠すのではなく既存部分を

新たな視点で表現し、

新旧の融合した味わいを出したいと思います。