BLOG

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 281

「柏の黒紫べんがら」

 

庭からの南側外観です。

雲形の肘木で支えられている肘掛窓の

位置に、改修前、バルコニーがあり、

少し洋風のテイストもあったのです。

が和風の外観にまとめるため、撤去し

土庇を設け,半身外に身を出せる肘掛窓にしたわけです。

以前の外観と比べると、屋根の割合が圧倒的に多く

和を試みるならやはり屋根に注目!ですね。