BLOG

日本の美を伝えたい_鎌倉設計工房の仕事 241

「柏の黒紫べんがら」

ブログ240では大阪格子の建具を

座敷側から見ていました。

格子が縦に細く繁くなっているので玄関側は

右手の様に壁に見えます。

今まで脇からみた写真しかありませんでしたが

正面にアンティークの像を眺めています。

居間の扉を開けるとこの景色が見えます。

座敷へは玄関側から入れます。その他の入り口はありません。

設計段階で居間側からも入れる提案をしましたが、

建築主は現在の案を採用しています。

結果的にそれは良かったと今は思っています。

なぜなら、座敷が離れのように距離を置いた

特別な存在になっているからです。

壁一つ隔てているだけなのに。

出入り口の開け方でこうも違うものかと再度認識した次第です。